楽ストリート「人生に楽をみつけよう」

健康オタクなおばさんの人生観。脳出血で倒れた旦那さんの介護のブログです

福祉住環境コーディネーター2級合格しました!

旦那さんの介護が必要とわかった時に

介護職員の主任者研修を受けて資格をとりました。

その研修のなかで介護にかかわるその他の資格のなかで

福祉住環境コーディネーター

もありました。

実は数年前に住宅設備関係の会社で

働いていた時に

3級を受けて合格したのですが

その後2級を受けてあと1歩で不合格

その会社は資格をとったからといって

特に優遇されることもなかったので

その後は受験もせず数年が経っていました。

でももともと住宅関係の仕事は好きだし

今後の在宅介護や

もし実家のリフォームをしたりする場合にも役立てるのでは?

と思い受験することを決意

初任者研修で福祉に関する勉強がかなりできたこと。

住宅に関するする知識は以前の職場で若干あったこと。

これは頑張れば合格できるかな?

とは思ったものの

いざ問題集をやってみると

ひっかけ問題も多く自信も

なくなっていました。

受けようと思ってから受験までも

短かったのですが

自分としては数年前よりは勉強した!

という実感はありました。

が集中力、眼精疲労、仕事や介護の疲れ(いいわけですが・・・)

それほど長い時間勉強したわけではないので

自信はありませんでした。

運が良かったのは受験の何週間か前に

たまたま開いた商工会議所のHPで

受験対策講座があるのを知り締め切りは過ぎていましたが

受講できることになりました。

その中で講師の方が

「今日、ここにきたことで点数が5点ぐらい上がります。

足を運ぶということに無駄はありません」

とおっしゃっていました。

確かに受験直前の合格講座だったので、

文章の言い回しにに注意するといいなど(ひっかけ多いので・・・)

合格するための点の採り方も教えてくださいました。

 

受験日当日

試験の前なのにがっつりランチ

緊張感なし?でいざ問題にとりかかると

やたらと長い文章が多くて老眼には厳しい・・・

半分を過ぎたころから

「あれ、時間ヤバイ・・・」

と思う。

隣の人は私がまだ問題いっぱい残っているのに

回答用紙提出して退出

これはとりあえず全部埋めなくては・・・

と最後は解答用紙を埋めるのに精一杯

 

またダメか・・・

と思いwebでの答え合わせもしませんでした。

(問題用紙は持ち帰れるので多分自己採点する人が多いのでしょう)

もう1度受ける気力はなかったので

そのまま年越し。

仕事も始まりお疲れモードの時に

ポストに試験結果の郵便が・・・

「あれちょっと硬いかも」

合格していると合格証(カード)が同封されているので

不合格の時より硬いのです。

もしかして・・・と思いつつ

家に帰って封筒を開けると

合格

の文字が・・・・

やったー!

今、この資格が絶対に必要なわけではないし

すぐにこの資格に関する仕事をする予定もない

でもやっぱり嬉しい!

f:id:zunzun504:20200111102756j:image

 

福祉の仕事は人手不足で

福祉のプロになるためにいろいろな資格がある。

家族の介護は難しい。

だからこそプロと同じような知識を

もっていたいと思う。

介護保険制度も難しく

よく知らないで利用している人も多いだろうし

利用できていない人も多い。

 

国は在宅介護を推進しているようですが

もっと国民にわかりやすい制度にしてもらいたいものです。

 

でもとりあえず年の初めに

嬉しい出来事があってよかった!

 

 

 

新年早々の愚痴・・・

あけましておめでとうございます!

オリンピックイヤー

令和になってはじめてのお正月

となんとなくいつも以上のお祝いムード

 

昨年はいろいろあったけど

わたしも新年、明るい気持ちで迎えたい!

と思ってはいたが

正月早々イライラが募ってしまった。

 

毎年正月は旦那さんの実家で

孫もきて顔合わせをしてきたようで・・・

旦那さんとしてはせめて正月ぐらい

みんなで顔を合わせたいと思っていたのだろう。

その気持ちはわかるが、まだ難しいこともわかる。

それが無理なことはどうでもいい。

 

ただ新年に子供たち誰一人

父を心配するメールさえなく

義妹の家で

実家の両親と旦那さんの子供たちで

新年の祝膳だったようだ。

 

行きたい気持ちは全くないが

誰からもそのことについて連絡はなかった。

たまたまお義父さんから

その話しを聞いた。

お義父さんは

「ことしは〇〇(義妹)が正月に孫を呼んで食事会をやってくれるらしい」

それはそれでいいと思ったが

義妹からも旦那さんの子供たちからも

そのことについて連絡はなく

年末、年始の挨拶メールもなかった。

病気になり後遺症が残っている父は

どうでもいいのだろうか?

ひがみと思われても仕方ないが

ちょうどよく再婚した後妻が

いるから

若くして介護が必要になった父は

そっちに任せておけばいいと思われたのだろうか・・・

昨日から悔しくて

なんだか涙がでてくる。

残酷だと思いながらも

旦那さんにも愚痴ってしまった。

後遺症の回復は焦らずゆっくりと

わかっていながらも

「歩こうよ、子供たちにパパはすごい!って見せようよ」

本人はそんなこと思っていないかもしれない

でもあまりにもそっけない子供たちの姿に

私が悲しくイライラしてしまった。

親とは悲しい生き物である

ということや

親になんかなるもんじゃないよ

などどいう人もいる

介護してほしいわけでも

援助してほしいわけでもない

ちょっと心配したり

気にかけたりする気持ちが

ほしかっただけ。

再婚した私と

特に仲良くしているわけではないが

別に仲たがいしているわけでもない

今はメールやラインという

便利な連絡方法もあるのに

それ1本もないのはどうしてなのか。

旦那さんの子育てが

どこかでくるっていたのか・・・

子育てに正解はないが・・・

私がいるからいけないのか・・・・

新年早々

私の気持ちは複雑である。

このまま関係を断ち切れるわけではない。

断ち切るには

私が去ればいいことだが

私がいなくなれば

多分施設に入れられてしまうのだろう。

旦那さんにきた

年賀状には

リハビリ頑張れ!

というコメントが多くあった。

のんびり、ゆっくり

の旦那さんの今年は

どんな1年になるのだろう。

新年早々愚痴ってしまったが

ふたりで力を合わせて

ゆっくりと

前進していくしかない

f:id:zunzun504:20200102103551j:image

 

今までの自分と今後の自分…

今年も残すところあとわずか。

クリスマスも終わり

スーパーの食品売り場も

お正月用のものばかりになってきた。

旦那さんのリハビリブログでも

今年を振り返ってみたが

60年近く生きてきたなかでも

怒涛の1年であった事に間違いはない。

 

18年前の今頃、シングルになり

娘2人と女3人でたくましく?

生きていこうと新しい人生を

スタートさせた。

大変な事もそれなりにあったが

両親の援助や素敵な仲間たちに

助けられながら

楽しい事もいっぱいの

それなりに充実した日々を過ごせた。

 

娘たちが大きくなるにつれ、

それまで3人でいつも一緒だった

生活がだんだんと

それぞれ個々の生活へと

変化していった。

わたしも自分の好きなことを

好きな時にできるようになった。

再婚する気はあまりなかった。

 

でも元々ひとりでご飯食べたり

するのも苦手。

どこかでいつでも隣にいてくれる

人を求めていたのかもしれない。

 

今の旦那さんと出会った頃は

山ガール(おばさん)だったわたし

山嫌いの旦那となぜ一緒になったのか?

なぜかわからないが一緒にいると 

何時間でも喋っていられた。

若い頃に前妻を亡くした旦那さんと

お互いに10年以上シングルで

子育てをしてきた

という共通点があったからかもしれない。

 

お互いに子供もいるし、熟年での再婚には

難しいこともあるとはわかっていたが

旦那さんが家族という形を重んじる

タイプであったこともあり、

わたしの娘も2人とも成人したので再婚。

 

主人の子供も一緒に生活していたし、

お互いに仕事もあったし、

あまーい新婚生活ではなかったが

毎日、一緒に晩酌して

いっぱい話しをして

休日には一緒に買い物に行く

それだけで十分だったのに

それが今年のはじめに崩された。

 

毎日、仕事行って

お風呂入って

ご飯食べて

お酒も飲めたり

そんな当たり前の事が

本当に幸せなんだと思った。

でもそれが崩れたからといって

自分が不幸だとは思いたくない。

 

と前向きな事を書いているが

なんで私が…

私が何をしたんだ…

と常に心の奥で問いかけている。

 

半年間の入院中、1日も休むことなく

病院に行き、

介護に役立て用と

初任者研修も受け

周りからは

すごいね。

大変だね。

なんて言われたりしてが

何かやっていないと

落ち込んでいく自分が

嫌なのと

病に倒れた父に

何もしてくれない

旦那の子供たちへの

意地かもしれない。

 

旦那さんのお義父さんからは

本当に感謝してる

と会うたびに言われるが

上手くコミュニケーションがとれずに

毎日のようにあたりちらしているのに…

と申し訳なくなる。

でもお義母さんの世話で

やはり大変なお義父さん。

本当はわたしたちが面倒をみなくては

いけないのに優しい言葉をかけて

もらえるだけで嬉しい。

離婚した前の旦那さんの

お義父さんからは

厳しい事ばかり言われていたので

今のお義父さんの優しい言葉は

私のエネルギーになっている事は

事実である。

 

今年は前半はほぼ家と仕事と病院

後半は在宅での介護スタート

 

上手くコミュニケーションが

とれない旦那さんに

毎日のように怒り散らしてる。

そして、その後

そんな自分に落ち込む…

仕事に行ったり

土曜日には息抜きさせて

もらってるから

まだどうにかなっていると思う。

 

どちらかと言えば言いたいこと

言えなくて、

気は優しくて

力持ち?

なあんて思っていた自分が

実は立場の弱い人間に

怒鳴り散らすような

意地悪な人間だったのでは?

と考えてしまう日々。

 

自分らしくってどんなことだろう。

常なら前向き!

なあんて思ってはいるが

実際、急に訪れた

人生の急変に

ジタバタしている。

前向きにって

色々な事始めるのは

ひとりでは辛いからかも…

実際に色々始めてみれば

色々な出会いもある。

 

ひとりでいる時間も大切だけど、

自分はやはりひとりでは

いられない。

 

優しいだけでもダメ

厳しいだけでもダメ

怒ったって

泣いたって

いいよね。

その先に少しずつ

笑いが増えていけば…

 

怒涛のような今年を振り返り

自分を考え、

見つめなおして

来年の笑顔が

増えていくようにしたい。

f:id:zunzun504:20191228210322j:image

 

 

サンタクロースに願いをこめて

気がつけばもう12月。

師走と言う通り

なぜか毎年走り回っている気がする。

今年は引っ越ししたばかりだから

特に大掃除をするわけでもなく、

年始にみんなで集まることも

ないだろうから特におせち料理

準備もしないつもり。

だからいつも通りでいいと思いつつ

年内中にやっておこうと思うことが

増え続けてバタバタしてしまう。

今年の後半から始まった在宅介護。

慣れてきたとはいえ、

朝、出勤するまでは慌ただしく、

毎日のようにイライラしてしまう。

そんな私をわかっているのか、いないのか?

自分のペースで朝ごはんを食べ始める

旦那さんに優しくできず、

怒りながら家を出る自分に

嫌になる。

昨日、ドラマをみていて、

介護や家事で大変ない奥さんに

旦那さんが

「お前も大変だな」 

と言う何気ない一言に

奥さんは救われたような、

報われ旦那ような表情をしていた。

あー私がほしいのはこれかも

とついに思ってしまった。

旦那さんの介護をすることは

当然だと思っているし

結婚していたからこそ

介護することができる。

とほっとしてる?ところもある。

でも、こちらの言っていることは

わかるとはいえ、旦那さんからの

言葉によるキャッチボールはなく。

毎日、あったLINEもない。

病院のスタッフさん。

ケアマネさん。

皆さんが頑張ってるね。

大変ですよね。

と声をかけてくれる。

でも、旦那さんの子供たちは

何も言ってこない。

多分、この事がとても

ひっかかっていて、イライラするのかも

しれない。

子供たちはまだ若い。

父親の介護で今やりたい事を犠牲に

するような事はしてほしくはない。

でも、口うるさい父親かもしれないけど

誰よりも母親を早くに亡くした子供たちの

事をとても心配していた。

それは同じくシングルで子育てをした

者としてとてもよくわかる。

その父親が何ヶ月も入院したのに

お見舞いにこない。

退院しても顔見にこない。

私に様子を聞く事すらしない。

彼の子育てがどこか違っていたのかも

しれない。

彼が常々、一族は大事だ!

と言ってさっぱりとした私の親族付き合い

について、寂しくない?

と言っていたが、

普段連絡とかとってなくても

何かあった時に駆けつけてくれる。

そんな親族、一族の方がいいでしょ。

と声を大きくして言いたい。

それともやはり私の存在が

子供たちに父親との距離を

ひらかせてしまったのだろうか…

旦那さんはだいぶ声をだせるようには

なってきたが、

またはっきりとした会話はなかなか

難しい。

クリスマスなんて関係ない。

という旦那さんではあるが

クリスマスプレゼントで

なんか優しい言葉をもらえたら

嬉しいのに…

クリスマスの飾り付けなどもしない

主義ですが

折り紙でリースを作って

飾ってみました。

サンタさん。

いい歳のおばちゃんですが

素敵なプレゼント

ほしいです。

f:id:zunzun504:20191204215153j:image

 

 

9カ月が経ち、今思うこと…

旦那さんが倒れて9カ月が経ちました。

えーまだ1年も経ってないの?

というのが実感。

 

入院、転院、引越し、介護保険の手続き、

身障者手帳の手続き、

会社の諸々の手続き

自分の入っていた保険の手続き

その間に初任者研修を受ける…

介護休暇は少しとったが、仕事は

そのまま続けている。

 

色々な手続きはまだまだ続いているけど

正直、自分でもよくやったな!

と褒めてあげたい。

 

これだけ、忙しければさぞかしやつれてしまう

だろう??

という期待?もあったが

現在、以前より、かなりふっくらして

困っている。

 

ストレスで食べることだけが楽しいし、

早食いしてしまうことも多々あるので

それも原因かもしらませんが…

 

9カ月前には予想もしていなかった

今の生活。

何回も書いたかもしれないけど

人生とは本当に一瞬で変わってしまう

んだと感じた。

 

まだまだ、退職して老後を送るには

10年早い。

リハビリ病院で暗い表情ばかりだった

旦那さんだが、

多くの方の予想を裏切り?

デイサービス、デイケアには

嫌がらずに行っている。

仕事が嫌いだったわけではないが、

往復5時間近い通勤時間。

自分と合わないタイプの上司との仕事は

かなりのストレスだったことは間違いない。

早く、退職してのんびりしたいと言っていた

旦那さんにとって、

身体に障害をもってしまったが、

会社に行けなくなったことは

ある意味、本人の早くのんびりしたい

という希望?

をかなえているのかもしれない?

と思ってしまった。

 

そして、旦那さんと再婚してまだ2年。

旦那さんの子供たちと生活していたが

いつかは二人でのんびりと生活したい

と思っていたわたし。

決してのんびりはしていないが

夫婦二人での生活がスタートした。

 

かなり過酷な出来事ではあったが、

ある意味夫婦二人の希望を

かなえたことになっているのかも?

と思ってしまった。

 

これから先わたしたちが

どうなるか、

神様が試しているのかもしれない

と感じている。

 

旦那さんが楽しみにしている

テレビのスポーツ観戦。

日本シリーズは早くも

終了してしまい、ちょっとがっかり

していました。

残念ながら日本は負けてしまいましたが、

ラグビーのワールドカップ

良く見ています。

今日は忙しかったので

崎陽軒のシーマイを買ってしまいました!

美味しかった!

f:id:zunzun504:20191025222856j:image

 

言葉のないストレス…

旦那さんの病気による後遺症に

失語症があります。

 

正直、失語症という症状を

良く知りませんでした。

そして、失語症の症状も人それぞれ。

うちの旦那さんはそのなかでも

重い障害なので、

相手の言っていることは理解できるが

自分で言葉を発することがほぼ

できません。

 

今は良い言語聴覚士さん(ST)が

週に一度ではありますが、訪問リハビリ

にきてくれているので、いつかまた

楽しい会話ができる信じています。

 

失語症は言葉を発することができない

のではなく、

言葉自体がでてこない障害です。

普段、何も考えずに喋っていたことが

ある日突然、できなくなる…

本人にとってこんなつらいことは

ないと思います。

人によって違いはあると思いますが

もともともっていた性格は

変わらない場合が多いようです。

 

綺麗好きできちっとした性格の

旦那さんはそのままです。

服についたホコリや毛玉を

すごく気にしたり

床のホコリもとても気にします。

 

かと言って潔癖症ではないのですが…

言葉がなく、

床のホコリを指差されたりすると

掃除できてないじゃん

ホコリあるよ

と言われているような被害妄想?

がわたしの中で勝手にでてきます。

旦那さんにしてみれば

ただ気になるから指差しているだけ

のようですが…

 

朝出勤間際にこれをされると

抑えきれなくなり、

何度か怒鳴ってしまいました。

 

毎日、冗談交じりの会話が多かった

わたし達にとって言葉がないことは

大きなストレスとなっています。

本人が一番辛いこともわかってるの

ですが…

 

今週のSTさんのリハビリでは先週より

ずっと綺麗な発音ができるように

なっていました。

伝えたいものを絵で教える

というリハビリでは

左手で一生懸命に描いていました。

f:id:zunzun504:20191012145941j:image

今日は台風のため、デイサービスは

お休みです。

以前なら休みの日にはずっと話して

いた二人の時間は

とても静かな時間です。

雨風もだいぶ強くなってきました。

大きな被害がでないことを祈ります。

 

人生にも台風のような出来事があります。

それも乗り越えていきましょう。

 

 

自分のための時間も大切にしたい

旦那さんが倒れて8ヶ月が過ぎました。

退院してからは2ヶ月が過ぎました。

8月は自分も介護休暇をとっていたので

デイサービス、デイケアに送り出した後に

少しだけのんびりすることができました。

8月末からは仕事に復帰したので、

朝、自分の準備、旦那さんの朝ごはん、

出かける準備などをして出勤。

帰宅後洗濯しまったり、部屋片付けて

夕飯の準備。

デイのない日は入浴させたりと

バタバタの日々。

わかってはいたけど、

実際にこの生活を始めてみると

想像より、余裕がもてない。

まめな旦那さんは休みの日には

お昼ご飯作ってくれたし、

私がいない時は洗濯や食事の

片付けも良くやってくれた。

それをやってもらうことはもちろんできない、

そしてまめな性格はそのままだから

なんでもきちっとしていないと

気が済まないので、ホコリが落ちてるとか、

引き出しがちゃんとしまってない。

という仕草はやたらとする。

余裕のないわたしはつい怒鳴ったり

してしまう。

申請していた、身体障害者手帳

1級だった。

でも自分でトイレも行けるし、

ご飯も食べることができる。

この状態で施設に入れることはやはり

したくない。

他の身内の協力が得られないなら

自分の力と利用できる制度を

徹底的に使って在宅で介護していこう。

 

でも決して自分を犠牲にしたり、

無理をしたりしてはいけないと思う。

自分だけでなく、旦那さんの生活も

また大きく変わってしまうからだ。

 

退院時に土日は休みなので

デイケア、デイサービス、入れません。

なんて言ってしまったが

ご自身のためにも入れた方がいいですよ

というアドバイスにより、

土曜にデイサービスを入れた。

 

結果、それで本当に良かったと 

思っている。

土曜はデイサービスに送り出したあとに

自分の時間ができた。

時にはヨガに行ったり、

日帰り温泉に行ったりもする。

お昼も好きな物を好きなだけ食べる。

 

最初は自分の休日に介護サービスを使うことを

後ろめたく感じていた。

もしかしたら昔はそうだったかもしれない。

でも今は違う。

そのために介護サービスもある。

 

自分の時間を有意義に過ごすことによって

介護する相手にも優しくなれる。

 

先週末は娘とランチに行ってきた。

ディズニーの美女と野獣

コンセプトにしたおしゃれなカフェだった。

f:id:zunzun504:20191002214744j:image

翌日は旦那さんと近くの河原を散歩した。

f:id:zunzun504:20191002214833j:image

旦那さんとの時間を楽しく過ごすためにも

自分の時間を大切にしたい。